コーチング講師 佐木馨【公式】サイト:ありのままのあなたを、まるまる受け止めてお話をお聴きします

子どもはなんだって出来る!

朝から、子どもたちはあれこれと忘れるものです。

「片付いてないよ!」
「忘れ物は?」
「なんでここに置きっぱなしで学校に行けるのかなぁ?」

ママのイライラセンサーに引っかかる物ばかりです(笑)

その時、親として子どもに思わず、

「いつもそうやって忘れ物するんだから、早くバッグに入れちゃいなさい!」
「後で忘れても、ママは持って行かないからね!後で困るの自分なんだから、早くきちんとやりなさい!」

そんな言葉を掛けたくなりませんか?

私も、ずっと言いたかったし、言ってました(笑)
そしてまた改善されない事にイライラするという、悪循環。

これらの言葉をかけても、子どもの行動に変化が現れないのは、どうしてなんでしょう?

その理由、知りたくないですか?

子どもが私たち親から言葉を掛けられた時に、受け取るのは2種類あります。
「行動の指示」と、「親の想い」です。

「行動の指示」は、言われた言葉の通りです。
では、「親の想い」は?

「あ… ここ最近意識してたのに、“いつも”できないって思ってたんだ」
「忘れたとしても、自分でカバーできるのに、そんなにママは頼りない人間だった思ってたんだ」

こんな想いが子どもに伝わります。

そんな想いが伝わった時に、動きたくなるのでしょうか?
…ならないですよね。

「子どもは何だってできる!」
そう信じて言葉を伝えると、行動の指示も伝わり方が変わりますよ!

子どもは自分で自分の事をきちんと出来る!
そう信じて言葉をかけたら、
「忘れ物しない為に、どんな事を意識しているの?」や、
「忘れ物、もししちゃった時には、どうやって対応しようと思ってる?」

そう、子どもの想いや行動、物事への姿勢を聴くことができると思うんです!

無理やり、言葉を変えようとすると、イライラを押し殺して、言葉を変える事になるけれど、
信じる気持ちを持つと、イライラせずに質問する事ができますね!

言葉よりも、まずは私たち親が持つ意識や想いを変えると、楽に言葉も子どもとのコミュニケーションも変わりそうですよ♪
お試しください。